大分こどもcafe.

2009.06.10 Category 日記

cimg4360
大分こどもcafeは、
大分スタッフさん6人、第一回目こどもcafe福岡スタッフさん8人で
動いております。

大分スタッフさんは、

オーダーキッチンLine woodの中島眞知児さん、前川さん筆頭に、

シティ情報おおいたなど、色んな雑誌をつくっていらっしゃる、
おおいたインフォメーションハウスの安部さん、

元大分放送の名プロデューサー 二宮さん、

とある専門学校の校長先生、古賀さん、

眞知児さんのビジネスパートナー、家屋調査士の大野さん、と、

職業バラバラ、でも、こころの温度はみんな一緒の、
素敵な方々に、すごいサポートを頂いてます。


前のこどもcafeより、準備期間が長いのと、

みなさんの、こどもcafeに対する想いが凄いのと、

安部さん、二宮さんと、メディアさんにとても大きなお力を
持っていらっしゃる方がスタッフさんになって下さってることで、

どんどん、どんどん、広がって行ってます。

そこで、週末、二泊三日で、大分へお打合せへ行って参りました。
みっちり、でも、ワイワイお打合せさせて頂き、
ご協賛のお願いも、2社、正式に決定致しました♪


たくさんの集中が予測されるときは、
わたしは、必ず、自分が大好きなホテルに泊まります。

プラス、景色が素晴らしいホテル。

お仕事で連泊するときも同じです。
なぜなら、次の日に、またベストコンディションでお打合せ出来ることが、
わたしに課された責任のひとつ。

クタクタで帰って、
景色もない、狭いお部屋では、こころが晴れやかになれない。


と、いう事で、
大分での出張の場合は、決まって、こちらの全日空オアシスタワーホテル

mo_dabul_b
dx_single_b

別府湾と由布岳が一望出来る景色は、
一日のいろいろを、いっぺんに吹き飛ばしてくれて、

素晴らしい朝を迎えさえてくれます。

また、スタッフさんのご接客も大好きで、
キッチリし過ぎてなく、緩すぎなく・・・・。

アクセスも良し。

今回も二泊させて頂きました。

初日は、とても嬉しいことがあり、
お部屋に戻ると、マリンメッセの講演を聴いて下さった、
大分の大家さんから、お菓子と入浴剤のプレゼントが届いてました♪

びっくり!

こういう気持ちの余裕、ないといけないな〜〜と、
お勉強になりました。

二日目もビックリことがひとつ。
数年前、長崎の小浜で、店舗併用住宅を設計させて頂いた、
『オカモト・シェ・ダムール』と岡本シェフと、

大分の百貨店、『ときわ』で、バッタリお逢いしました。

お久しぶりで、ワイワイ騒がせて頂きました。(笑)

こちらが、お仕事させて頂きました、
オカモト・シェ・ダムール 南串山町店とシェフのご自宅です。

img0121
■オカモト・シェ・ダムールさんのHPより、写真を転用させて頂きました。






大分こどもcafe
大分版のこどもcafe HPをつくります。

昨日、webを担当してくれてる、八色ゆりちゃんとお打合せ済み。

7月25日のシティ情報おおいたさんの掲載に向けて、
ゆりちゃんと連携を取り、制作か開始です!

出来上がりましたら、また、ここでご報告させて頂きます。










Copyright ©2009 Miyagi Masako Architect Design Office All rights reserved.